toshiboo's camera

カメラでハッピーライフ!

マイクロフォーサーズレンズ

ソニーEマウントにマイクロフォーサーズMFレンズを取り付けられるマウントアダプターが出た!

via: 焦点工房 焦点工房よりソニーEマウントにマイクロフォーサーズMFレンズを取り付けられるマウントアダプターが出ました。 正確な商品名はSHOTEN m43-SE(マイクロフォーサーズレンズ → ソニーEマウント変換)になります。 直販限定で価格:6,930円 (税…

マイクロフォーサーズ 超望遠レンズを選んでみる【2022年2月】

【2020年2月更新】 風景用超広角レンズ、スナップ向きレンズに続き超望遠レンズをいろいろ探ってみたいと思います。 超望遠レンズといってもあいまいですので、今回は35mm換算400mm〜クラスとしたいと思います。

マイクロフォーサーズ ポートレート向き大口径中望遠レンズを選んでみる【2022年2月】

【2022年2月更新】 このシリーズもはや4回目となりますが、今回はポートレート向け中望遠レンズを探ってみたいと思います。

マイクロフォーサーズ 単焦点マクロレンズを選んでみる【2022年2月】

【2022年2月 更新】 マクロレンズって楽しいですよね。 いつも見慣れて撮り飽きた散歩道も、マクロレンズを手に歩くことで今まで見たことのないようなパラレルミクロワールドを体感することができます。 ほんと、小さな世界ではこんなことが起こってるのかと…

【2022 神レンズ】狂おしいほど愛おしきマイクロフォーサーズレンズたち

【2022年2月8日更新】フルサイズ一眼レフからマイクロフォーサーズへ移行して3年弱の間に買い揃えた素晴らしい神レンズの数々を作例とともに紹介します。

マイクロフォーサーズ超広角レンズおすすめカタログ【2022年2月】風景・星

【2022年2月7日更新】 マイクロフォーサーズの風景・星景向き超広角レンズのラインナップになります。 広大な風景や星空を撮影したくなった筆者自身がレンズを探すために調べた内容ですが、参考にしていただければ幸いです。

マイクロフォーサーズ スナップ向き軽量レンズを選んでみる【2022年2月】

【2022年2月7日更新】 前回は風景向きのレンズということで、超広角レンズを色々探ってみましたが、「スナップもおなしゃーす!」との声をいただきました。 これまた筆者も気になるところですので、再びレンズ沼への誘いを綴ってみたいと思います。

マイクロフォーサーズ パナライカ超大口径ズームレンズ vs オリンパスPRO単焦点レンズ

マイクロフォーサーズ 25mm単焦点レンズ 頂上決戦という事で、M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROとLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.の比較をしました。 その結果はM.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PROの圧勝でした。 いやー、ほんと素晴らしいレンズです。 …

マイクロフォーサーズ 25mm単焦点レンズ 頂上決戦!

完全に忘れてましたが、LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.を購入していました。

とにかく寄れる!スーパーマクロレンズ PERGEAR 60mmF2.8 レビュー【PR】

この度、PERGEAR(パーギア)社より60mmF2.8 マクロレンズを提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

前代未聞の超大口径レンズ Voigtlander SUPER NOKTON 29mm F0.8 Aspherical レビュー【マイクロフォーサーズ】

F0.8 — このかつて聞いたことすらない超大口径レンズを購入し、4ヶ月ばかし持ち歩きましたのでレビューしたいと思います。 F0.8は現在発売されている写真用交換レンズとして最も明るいF値です(2021年4月現在) 58mmがマイベスト焦点距離 スペック 絞りクリ…

決して侮れないボディキャップ魚眼レンズ PERGEAR 10mm F8 Fisheye レビュー

当ブログのPR記事について 基本的には商品提供を受けたPR記事と言っても、興味があるのはもちろん自分で購入するつもりのあるものしか記事にしません。また、PR記事と言ってもその他の記事と同じように悪い部分も含めてユーザーメリット最優先にレビューいた…

魅惑の超大口径レンズ 七工匠 (7artisans)35mm F0.95 レビュー【PR】

格安ながらF0.95ものスペックを実現したレンズ 7artisans 35mm F0.95 をレビュー致します。各ボディへのフィッティングや作例、良い点、悪い点など。

PERGEAR 7.5mm F2.8レビュー 魚眼レンズ持ってないならコレは買い!【PR】

当ブログのPR記事について 基本的には商品提供を受けたPR記事と言っても、興味があるのはもちろん自分で購入するつもりのあるものしか記事にしません。また、PR記事と言ってもその他の記事と同じように悪い部分も含めてユーザーメリット最優先にレビューいた…

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROレビュー マイクロフォーサーズ高級コンパクト標準ズーム対決

マイクロフォーサーズ 超小型PROレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROのレビューです。 同じく高級小型標準ズームレンズLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.との描写比較など。

魅惑のパナライカレンズ-全カタログ2020(マイクロフォーサーズ パナソニックライカ LEICA DG)

魅力的なレンズがとても多いマイクロフォーサーズですが、その中で最も魅了されるのはLEICAを冠したパナソニックLEICA DG LENS、通称パナライカではないでしょうか。

EXテレコンはどこまで使えるのか12-100mmF4 PROと12-200mmF3.5-6.3で比較してみた。

「G9のEXテレコンやデジタルズームは画質がどのくらい変わりますか?12-100と12-200で違いが知りたいです。」 ありがたいことにこんな質問をいただきました。 というわけで早速検証してみました。

10万円でQOLを上げる!マイクロフォーサーズレンズ&カメラ

筆者が購入して超満足度が高かったものを中心に10万円前後で買えるマイクロフォーサーズのカメラ&レンズを紹介したいと思います。

LUMIX G9 PRO レンズキットの手ぶれ補正を検証する(LEICA DG 12-60mm/F2.8-4.0 vs 12-100mm F4.0 IS PRO)

こんな質問をいただきましたので、簡易的にテストしてみました。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7レビュー 開放F1.7でも隅まで超シャープ!【マイクロフォーサーズ大口径広角ズームレンズ】

【2019年12月20日更新】 2018年のフォトキナでの開発発表時から、超注目していたレンズがとうとう発売されました。 発売発表と同時に予約をし、無事2019年8月22日の発売日にゲットすることができました。 箱から出して手に持ってピンときました。こいつは間…

マイクロフォーサーズ大口径標準単焦点レンズを選んでみる【2020年8月更新】

【2020年8月15日更新】 大口径標準単焦点レンズといえばやはり50mm(35mm換算)ではないでしょうか。 人間の視界に近いとされるこの画角ですが、フルサイズでも50mmというのは最もポピュラーかつ安価で描写の良いレンズが多く揃っているカテゴリーとなります…

元祖パンケーキ神レンズ LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH. レビュー【マイクロフォーサーズ】

筆者がまだCanon EOS 20Dを使っていた頃、パナソニックからLUMIX GF1が発売されました。 パナソニックのこんなわけのわからないファインダーすらないカメラなんて誰が買うんだよ?なんて思いつつも新し物好きとしては家電販売店でチェックして、実はちょっと…

中望遠撒き餌レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 レビュー【マイクロフォーサーズ単焦点レンズ】

ふと オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 の価格を見たら中古がとんでもなく安かったので買ってみました。 焦点距離が同じような、パナソニック LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2(中古ベースでお値段約7倍)を所有しているのにも関わらず買ってしまうとか…

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 と 12-100mm F4 IS PRO 比較レビュー【マイクロフォーサーズ超高倍率ズームレンズ】

購入以来ほぼG9 PROに付けっ放しとなっております、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3ですが、せっかくM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO も持っていますので比較レビューをしてみたいと思います。

超便利ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3レビュー【マイクロフォーサーズ】

超高倍率ズームレンズ 「便利だけども画質はイマイチなんでしょ?」筆者もずっとそう思ってきました。 ただ、2017年マイクロフォーサーズへの移行と同時に手にしたM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは見事その概念を覆してくれました。

マイクロフォーサーズはじめての単焦点レンズおすすめ3選【2020年8月更新】

【2020年8月16日更新】 マイクロフォーサーズのレンズはキットレンズといえどもなかなか写りが良く、写りだけなら上級者でも結構それで満足してしまいそうなほどですが、単焦点レンズとなるとやはりそこにはキットのズームレンズとは違った新しい世界が待っ…

マイクロフォーサーズ最高額レンズ パナソニックLEICA DG ELMARIT 200mm / F2.8 / POWER O.I.S.レビュー【2020年8月更新】

【2020年8月更新】 今回レビューするのは、マイクロフォーサーズレンズ史上最高額、メーカー希望小売価格 420,000円(税抜)となるパナソニックのLEICA DG ELMARIT 200mm / F2.8 / POWER O.I.S. (H-ES200)です。

マイクロフォーサーズ超望遠レンズ解像力テスト LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8 vs M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

マイクロフォーサーズ超望遠単焦点レンズの最高峰、M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO と LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S. H-ES200 の比較テスト第2弾 「解像力テスト」を行いました。

300mmF4 vs 200mmF2.8 マイクロフォーサーズ超望遠レンズの手ぶれ補正性能を比較してみた

とうとう買ってしまいました、マイクロフォーサーズ最高価格のレンズ LEICA DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S. (H-ES200)を! ただ、もちろんそんな金額をポンとは出せないので、今所有しているM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROとE-M1 markIIを下取…

マイクロフォーサーズ高級標準ズーム対決 高画質でボケもキレイなのはどっちだ?! 【2020年8月更新】

【2020年8月16日更新】 パナソニックLUMIX G9 PROは購入してからお気に入りすぎて、オリンパスOM-D E-M1 markII や NIKON D800Eを押し退け、すでにメイン機の座を獲得しつつあります。 そのLUMIX G9 PROはレンズキットを購入したのでLEICA DG VARIO-ELMARIT …