toshiboo's camera

カメラでハッピーライフ!

そのフルサイズ必要?LUMIX S1RとG9 PROで撮り比べてどっちがどっち?

S1RとG9

常々フルサイズミラーレス一眼であるLUMIX S1R と マイクロフォーサーズ機 LUMIX G9 PROで撮った写真の区別がつかないことがあるので、改めて撮り比べて歩いてみました。


撮影体験としてS1RとG9 PROの違い

撮影風景


操作性はとてもよく似た2台ですが、撮影体験としては意外と異なりました。

まず、圧倒的なファインダー性能の違いを感じました。G9のファインダーもめっちゃ綺麗だと思っていたのですが圧倒的にS1Rが上でした。

S1Rのファインダーはまさに光学ファインダーに迫る美しさを感じます。 高解像や倍率の高さもさることながら、EVFではなかなか感じない逆光時の輝く美しさを味わえます。

そして同時に持ち比べてより感じることとしては、どうしても重さと大きさなのですが、S1Rが重くて辛い…ではなくて、逆にG9 PROがおもちゃっぽく感じてしまいました。

単体で使っているときはそんなことは感じないのですが、S1Rの大きさと重さに安心感を覚えました。

ファインダー性能も相まってめちゃくちゃ良い写真が撮れてそうな気分にさせてくれます。腕はそのままですのであくまで気分ですがw

細かいことはいろいろあるのですが、主にはその2点で、撮影体験としてはS1Rの方が俄然楽しかったです。


操作性についてもほとんど同じとはいえ、ジョイスティック周りの配置がより最適化されたS1Rの方がわずかながら良く感じました。

G9 PROでも十分なEVFとボディだと思っていましたが、単体で撮影してるときは全く感じなかった部分です。

やっぱS1Rはすごいわ〜。(訳:高いだけあるわ〜)


作例比較


設定など

厳密な比較というよりかは、2台持ちのスナップという感覚で、画角も構図も微妙に異なるものです。

  • JPEG撮って出し
  • フォトスタイル スタンダードそのまま
  • iDレンジコントロールや超解像、シェーディング補正など諸々OFF
  • G9 PROは3:2で撮影
  • 基本絞り優先オート ISOオート
  • スナップで使うことが多いマイクロフォーサーズでのF4を基準に S1RはF8をメインに

レンズはG9 PROの方にはLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

S1RにはLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. S-R24105を使用しました。

それぞれのレンズキットとなります。


どっちがどっち?

せっかくなんで、機種名を伏せてどっちがどっちの写真だか当ててもらおうという、めんどくさい企画をしてみたいと思います。

ファイル名に機種名を入れた写真をflickrにアップしてるんで、パソコンだとマウスオーバーで答えが見えます。 スマホだと写真をタップしてそのまま少しスクロールするとファイル名が表示されると思います。

もちろんリンク先のflickrに飛んでもらってもOKで、原寸画像もご覧いただけます。

DC-G91-1250 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-160 秒 (f - 8.0)ISO 100

DC-S1R1-80 秒 (f - 8.0)ISO 200

DC-G91-400 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-G91-80 秒 (f - 4.0)ISO 200-2

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 1250-3

DC-S1R1-8 秒 (f - 8.0)ISO 6400

DC-G91-4 秒 (f - 4.0)ISO 500

DC-G91-60 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 1250-2

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 160

DC-G91-640 秒 (f - 4.0)ISO 200-2

DC-G91-200 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-125 秒 (f - 8.0)ISO 640

DC-G91-100 秒 (f - 5.0)ISO 200

DC-S1R1-100 秒 (f - 8.0)ISO 640

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 1250

DC-G91-50 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-G91-13 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 4000

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 1000

DC-G91-60 秒 (f - 4.0)ISO 200-2

DC-G91-4000 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-400 秒 (f - 8.0)ISO 100

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 640

DC-G91-80 秒 (f - 4.0)ISO 200

DC-S1R1-60 秒 (f - 8.0)ISO 125

DC-G91-640 秒 (f - 4.0)ISO 200


こんなんわからんわw

ということで、ちょっとボケが効いたやつを

DC-S1R1-50 秒 (f - 8.0)ISO 6400

DC-G91-8 秒 (f - 4.0)ISO 200


最後はS1Rを開放F4.0で撮ってみました。

DC-G91-30 秒 (f - 3.5)ISO 200

DC-S1R1-60 秒 (f - 4.0)ISO 640

流石にボケ量が違うのでわかると思いますが、逆にいうとそれ以外本当にわかんないですね。


まとめ

さすがに同一メーカーのスタンダードプリセットだけあって発色はほとんど同じでした。

わずかにG9 PROの方が鮮やかかなぁ🤔

ボケ具合を揃えたため、暗いシーン(特に手水舎や拝殿の写真)ではF8.0に設定したS1Rの方がどうしても早くISO感度が上がります。

それプラス、S1Rの方がシャッタースピードが速くなるアルゴリズムのようです。(もしかしたら何か設定のせいかも)

G9 PROの方が彩度がわずがに高く見える写真があるのはS1RのISO感度が上がって彩度が落ちているせいかもしれません。

あ、でも赤い車の色なんかはS1Rの方が鮮やかだなぁ。

自然光源で手持ちですので条件的に全く同じというわけにはいかないでしょうけど。

全体的にG9 PROの方がシャープに見えるような気もしますし、ダイナミックレンジを補うためかデフォがISO200のせいかハイのトーンをなるべく残すようにしている気もします。まあ、気がしますとしかいえません程度です。


価格差なんと35万円

問題は、この2つのカメラ(レンズキット)の価格は

  • G9 PRO(LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット) 20万9,206円
  • S1R(LUMIX DC-S1RM 標準ズームSレンズキット) 56万6,280円

(マップカメラ 2020年8月17日現在)

ということです😅


もちろん、S1Rで明るい単焦点レンズを使ったボケ量をG9 PROで表現するのは限度がありますし、RAWでいじりまくればG9 PROの方が耐性は多少低いです。

もちろん画素数も違いますけど…

ここに35万円以上の差を見いだせるかはあなた次第です(笑)


【追記】暗所でも撮り比べしました!

www.toshiboo.com



ちょっと調べてたらS1Rレンズキットの中古がめっちゃ安くなってました。「中古-非常に良い」クラスなのに自分が買った「良品」より10万以上安いです…😭

「中古-非常に良い」がこの値段てめっちゃ安くない?