toshiboo's camera

カメラでハッピーライフ!

α7R IIIの大型アップデートが来るのでもはや買うしかないのか

2019年1月16日、ソニーからフルサイズミラーレス機である α9、α7R III、α7 III の大型ファームウェアアップデートの内容が発表されました。

α7R III


その内容はと言いますと、

α7R III、α7 III ファームウェアVer.3.0

2019年4月予定
  • 動物瞳AF

  • リアルタイム瞳AF(シャッターボタン半押しで作動)

  • インターバル撮影

となります。


α9 も3月と夏に同等以上のアップデートがあり、上記に加え、リアルタイムトラッキングやダイヤルのカスタマイズ、像面位相差がF16までに拡張、階調表現の向上、FTPのパックグラウンド転送などがサポートされるようです。

α9ファームウェアVer.5.0

2019年3月予定 
  • リアルタイム瞳AF(シャッターボタン半押しで作動)

  • リアルタイムトラッキング

  • マイダイヤル機能

  • 像面位相差AFがF16対応に拡張

  • 階調表現の向上

  • AWBの安定性向上

  • FTPのパックグラウンド転送

2019年夏予定 α9ファームウェアVer.6.0
  • 動物瞳AF

  • インターバル撮影


正直α7シリーズを使っていない身からすると、瞳AFのシャッターボタン半押しでの作動やインターバル撮影は今までできていなかったことを知ってびっくりしました。

それに加えα9のリアルタイムトラッキングなんかも、実際に使ってみないとわからないですが、LUMIX G9 PROの人体認識などに近いものなのかな?という感じです。


いずれにせよ、より完璧に近い内容になったのではないでしょうか。


動物瞳AF

昨年9月のフォトキナで衝撃の発表だった動物瞳AFがいよいよ搭載されます。

いや、もうこれすごいですね。

猫撮り超捗るんじゃないですか?

鳥にも合うのかな???

昆虫は?流石に無理?

蛾の模様とかどうなるん?

なぁんて過度な期待をしてしまいがちですが、こんな素晴らしい機能をファームウェアアップデートで搭載してしまうソニーの太っ腹度合いにちょっと惚れてしまいました。

ほんとこれは、一番実際に使ってみたい機能ですね。どれくらい食いついてくれるのか楽しみ!


以降、いつものように完全に自分の戯言になっていきますので、ご注意ください。


もはや買わない理由がない?

散々フルサイズミラーレスはCanon EOS Rが気になる〜!とか、いやまてPanasonic LUMIX S1待ちだ!とか言ってきましたが、まだ発売されていないLUMIX S1はともかくNIkon Z 7、Z 6や EOS R なんかに比べてスペック的には SONY α7R III、α7 IIIが頭3つくらい飛び出ているのは間違いないです。


www.toshiboo.com

www.toshiboo.com


実はソニーが嫌い

完全に個人的な好みでどうでもいい話ですけど、カメラに限らずソニーってメーカーあんまり良い印象ないんですよね(笑)いや、普通に買ってますし使ってますので嫌いっていうのは言い過ぎなんですけどね。

何でしょう、カメラに関していえば所有していたのはRX100くらいなんですが、使っててあまり楽しくなかったんですよね😅。

その絵作りに関してはすごく綺麗なんだけど、当時の自分のスキルでは現像する余地がないというか、自分が現像したらこんな感じにするだろうなという一歩上(良くも悪くも)の絵を出してくれるので何だかつまんないんです(笑)完全にわがままですが。

他の製品で言えば、デザインはカッコつけてるのにカッコつけきれてないとことか、UIとか操作性がイマイチなとことか、PCやMacのソフトがもれなくクソなとことか(そもそもMacの対応は悪すぎるイメージ)。

ま、いずれもちょっと前のイメージなんでどの程度現在に当てはまるかはわかりませんが、そんな印象があり、ちょっと印象良くないんですよね。先日PS4は買いましたが。

α7シリーズに関しても、初代とα7 IIは触ったんですが、触った感触があまりにも良くなかったんですよね。ただ、その点はα9以降ガラッと変わっているらしいし、これだけ多くのユーザーがいるので心配はしていませんが。


最近の価格動向

実際買うとなればα7R III、α7 IIIのどちらかになるかと思います。

ただ価格コムを見てみますと、この発表を受けてか順調に値下がりを続けていたα7 IIIが約19.5万円に値上がりしています。

α7 III 価格推移

α7R IIIについては少し値下がりして約27.3万円なのですが、1月14日でキャッシュバックキャンペーンが終わってしまいましたので手を出しにくいタイミングではあります。

むむむ。


LUMIX S1

LUMIX G9 PROを使ってPanasonicカメラの操作性機能性のすごさに気づいてしまった身としては、全力でLUMIX S1、S1R待ちと言いたいところですが、噂されている価格が50万とかなんですよね😅 50万円というのは高画素機であるLUMIX S1Rの方だと信じたいのですが、それにしても Z 7 もびっくりの価格になりそうな気がします。

www.toshiboo.com


あくまで噂とは言え、この噂から画素数の少ない方のLUMIX S1が20万円で出てくるという想像はし難いですよね😅

25万くらいなら何とか行っちゃえそうな気もしますが、30万越えでレンズ別ということを考えるとかなり厳しいです。しかし、噂は50万円ですからね。

1月末に価格の発表があるかどうかはわかりませんが、より具体的なスペック等の発表はあると思われます。

ドキドキ。


Nikon Z 7、Z 6、Canon EOS R

価格がこなれてきたNikon Z 7、Z 6も、瞳AF対応が発表され悪くない選択肢のような気がしてきました。

2019年1月15日現在の価格コムの最安値で、Z 7が約30.5万円、Z 6が約21万円となっております。

ただ、Z 6よりさらに高画素の3030万画素となるである Canon EOS R が約18万円ですからねー。EOS Rのコスパが光りますね。コントロールリングは使いやすそうですし。

ただ、ファインダー性能やモノとしての良さも Z シリーズは非常に評判が良いですので捨てがたいんですけどね。一応Nikonユーザーですし😅

特に最近ファインダーの重要性をものすごく感じております。ファインダーが美しいと写真を撮る楽しさが倍増するんですよね。


とまあ、正直なところ気分的には今更α7R III買うのもなぁと思っていましたけど、よく考えれば飛び抜けたスペック性能を誇るα7R IIIがこれだけアップデートしてきたら買わざるを得ないかという気もしています。

LUMIX S1が予想通りの高値でぐぬぬぅしているうちに、α7R IIIのキャッシュバックがまた始まったりしたら、α7R III買っちゃいますね😅

っていうか、別に買わなくてもいいんですがwww

まあとにかく、LUMIX S1、S1Rの価格を正座して待つとします…



www.toshiboo.com